2人以上の世帯ならばテラスハウスも選択肢に入れてみよう

テラスハウスなら上下階の騒音問題が無い

郊外に多いテラスハウスは、主に2階建ての建物を横に連ねた構造をしているので、昔ながらの長屋と戸建ての良い所を組み合わせた構造をしています。隣の部屋と壁を共有していますが、上下階は同じ部屋として繋がっているので、上下階の騒音問題が発生しません。左右の騒音のみに注意すれば良いわけですから、テラスハウスの中には共有する壁を厚くして防音性を高めているケースがあります。都市部に少ない理由として、4階建て以上の構造に馴染まないからです。

庭と駐車場が付いていることも多い

テラスハウスは郊外に建築される理由として、駅前ではなく車移動を前提とした郊外に適しているからです。玄関ドアを開けた位置に駐車場があり、窓を開けると小さいながらも専用庭が用意されている構造が一般的です。専用庭の用途は比較的自由となっているので、住宅街の縮小版と考えれば、近隣との付き合いが集合住宅の中では多く、戸建てほどは無いという中間の位置づけとなっています。

戸建て住宅を検討するキッカケとなる

専用庭の使い方を工夫する中で、テラスハウスの良さを実感出来れば、住宅街に戸建て住宅を建設して住むイメージが付くでしょう。隣近所との付き合いに抵抗があるか確認することが出来るので、一度建設したら長く住むことになる戸建て住宅を購入すべきか家族で話し合いを行なうキッカケとなりやすいです。テラスハウスは、戸建てに近い生活環境として玄関前の駐車場と専用庭という集合住宅には珍しい構造を体験しながら検討する期間として使えます。

繁華街とまではいかないものの、飲食店等は揃っており家族でも住みやすい街です。麻生の賃貸で住む年齢は様々ですが、それぞれのニーズに適した物件を探せる街です。