業種別に異なる!店舗デザインのポイントとは

美容院の店舗デザインのポイント

美容院で必要な設備で大事なのがシャワー台のための水回りです。物件を選ぶ際には必要な座席数などを確保できるかもチェックが必要となります。そして店舗デザインのポイントはラグジュアリー感の演出とスタッフの動線です。限られたスペースで、いかにお客にゆったりと過ごしてもらえるか、なおかつスタッフが窮屈に感じない動線を確保できるかを念頭に設計することになります。

飲食店の店舗デザインのコツ

レストランなどの飲食店でポイントとなるのは、厨房のスペースをどれだけ確保するかということです。客席との兼ね合いになりますが、魅せる店舗とするために、あえて厨房を広く確保する店舗デザインも人気を集めています。そしてお客をリピーターとして確保できる内装づくりが飲食店のポイントと言えます。適度な居心地の良さを感じるためには椅子の脚かけや荷物の置き場の確保など細かな点に注意が必要となります。

販売店の店舗デザインの注意点とは

販売店は設備をそれほど必要としない分、店舗デザインには自由度が与えられます。それ故に個性が要求される難しさもあります。集客につながるような設計を手がける事務所に依頼する必要がありますが、コンセプトに関しては入念な打ち合わせが必要となります。展示品や商品をどのようにレイアウトするのか、どれほどの個数を確保すれば良いのかなどを詳しく決めていきます。さらに内装の雰囲気も集客に大きく影響するので、いくつかの案を提示してもらった上で検討する必要があります。デザイナーと共に集客にも詳しいスタッフが携わることが大事です。

店舗の内装を決める上で施主は以下の三つの点を重点にデザイナーに伝えることが大切です。導線、陳列の見え方、コンセプトです。それを重視するデザイン事務所なら、ベストで近道の内装プランが見れるでしょう。