失敗しない店舗デザインの方法とはどういうものか

店舗の立地、競合店、駐車場などの検討も大切

店舗ではどこへ出店するか立地条件は大切です。競合店がどの位置に何店舗ぐらい存在するのか、店舗の規模と駐車場の位置や広さ、道路面からの車の侵入のしやすさ入りやすさなどチェックしておく必要があります。

店舗の業種と外観、看板や照明も大切

店舗は外見からどのような業種の店であるのかがわかるデザインであることが大切で、そうでなければ混乱を生じさせることにもなります。店舗とともに看板の見え方や夜間の照明の当て方、明るさにも配慮することが大切です。

店舗の広さは立地や客単価、回転率などを考慮する

客席に関しては多くの顧客を招き入れて回転率をあげる場合には部屋の広さは狭くても可能となりますし、部屋の広さを広くとった場合には回転数をあげなくても高級志向で客単価が高くしてじっくりと接待するという方法もとれます。それは立地条件如何で顧客の傾向を見ていないと、はやる店で部屋を広くすると顧客の入りが悪くなるという場合も起こり得ます。

立地と営業時間帯や従業員の確保

従業員あっての店舗でもあるために時間帯を深夜までとした場合にはその時間帯に毎日就業してくれることになるのかを見極めていないと、結局経営者側がその代わりの役割を担ってしまうことになるので注意も必要になって来ます。

一定の雰囲気作りや長時間快適に過ごせることを大切に

顧客の動線と店舗側の従業員の動線は交差しないように注意します。床材や壁材、天井材、家具や什器は一定の雰囲気で造作するように心がけ、人がそこに長時間居て快適に過ごせるものにすることが大切です。

必要なものが必要な時に供給できるような効率的な空間にすべきです。奇抜なデザインよりも無難なデザインを心がけ飽きさせないデザインであることがポイントになります。

建築物の内装デザインを考える際には、自分自身がどんな内装にしたいかというコンセプトをしっかり持っておくことが大切です。