自分たちの納得できるマンションを選び豊かに生きよう

立地は生活スタイルで決める

東京や地方の大きな都市では、駅前にたくさんのマンションがあります。マンションのメリットは、立地が良いことですので、都心部に通勤をする場合などは、マンションに住むことで大幅に時間の短縮をすることができます。一方で、マンションの周辺にはたいていスーパーマーケットなどのお店がありますので、買い物に行く時も非常に便利です。

ですが、マンションによっては不便な場所もあります。当然、不便な場所のマンションは購入金額が安くなります。ただし、通勤通学で電車を利用しない場合にはわざわざ駅前にある値段の高いマンションを購入する必要はありません。また、買い物に行く場合も自動車を所有していれば、スーパーマーケットの近くのマンションである必要はありません。

自分たちの生活スタイルが、そのマンションにあっているかを確認することが重要になります。

マンションは最上階の方がよいか

マンションの金額は、場所によって異なりますが、同じマンションの中でも最上階と1階では1000万円ぐらい異なるところも少なくありません。当然、人気があるのは最上階ですので、最上階に行くほど購入金額が高くなっていくのが特徴です。値段が高い理由は、最上階の部屋は眺めがよく静かだからです。上に住人がいないため足音を気にする必要もありません。特に高層マンションほど眺めがよいので金額が高値になる傾向があります。

とはいえ、最上階に人気が集まるからといって、必ず最上階が良いとは限りません。1階は、外に出る時にとても便利です。通勤や通学で急いでるときはエレベーターを待たずにすぐに出発することができます。またリフォームや引っ越しをするときは一階の方が便利になるでしょう。

都心で新築のマンションを買うとなると4000万円台で50平米ぐらいが妥当ですが、柏のマンションは3000万~4000万円台で70平米のファミリー層向けのマンションが手に入ります。