賃貸物件を探し選ぶ時!失敗しない為のポイントとは?

壁がしっかりとしている?騒音は問題の元。

賃貸物件を探し、契約前に実際に物件を訪れた時に、壁をコンコンと叩いてみてください。四方の壁を強めに叩きます。不動産の付き添いの方が嫌そうな顔をするかもしれません。その場合、壁の設計が甘く、防音対策が全くされていない場合が多いでしょう。コンコンと叩いた音が大きく響くようであれば、隣の部屋にも音が筒抜けになる状態であり、実際に住み始めてから騒音問題が引き起こる可能性が高いのです。音を気にして過ごす日々はストレスにもなってしまいます。賃貸物件で防音されている所は少なく、説明では遮音性が高いと説明されることがおおいのですが、自分で確認してみることが今後の生活のために大切です。

近隣住民の雰囲気、過ごし方

近隣住民の雰囲気や過ごし方なども確認しておくと良いです。これは、一度不動産の担当者と訪れただけでは、十分に把握することは難しい点です。異なる時間帯に物件にもう一度訪れてみると、昼間は静かだったのに、大音量で音楽を流れているケースなどがあります。また、物件周辺を歩いてみると、近隣住民の雰囲気を確かめられます。

ご近所トラブルはかなり多くなってきているため、一度物件を見て決めてしまわず、何度か自分で訪れて周辺の雰囲気を確かめてみると良いですね。

ゴミ捨て場の様子を確認してみよう!

賃貸物件のごみ捨て場は、管理会社の手が行き届いているか見極められるポイントです。また、ごみ捨て場が汚いということは、住民がしっかりとゴミの日に分別したものを捨てていないという表れでもあります。マナーの守れない住民が多いところに住むということはトラブルに繋がる原因となるのです。ごみ捨て場が綺麗な賃貸物件を選ぶことで、快適な生活を送ることができるでしょう。

苫小牧の賃貸の契約をするうえで、いくつかの物件の間取りの広さや築年数の新しさ、交通アクセスなどを正しく確認しましょう。