普通の不動産売却と何が違う?任意売却とはどんなものなのか

住宅ローンが払えないときに行う手続き

任意売却は住宅ローンの返済が困難になったときに、債務を残しつつ抵当権や差し押さえを解除してもらう手続きなんです。流れとしてはまず、住宅ローンの滞納が任意売却を検討するきっかけになります。

住宅ローン滞納1か月目になって、督促状や催告書が送られてくるのが次の段階ですね。住宅ローン滞納3か月~6か月の間で、期限の利益が喪失することになります。

この段階で債権者へ申請を行い、合意を得られた場合に任意売却の手続きが行える流れです。この段階を過ぎてしまうと、債権者によって競売による資金回収が行われるでしょう。

引っ越し費用を確保する手段

任意売却を選ぶことは、自分だけでなく債権者にもメリットがあるのが特徴なんです。短い期間でわずかでも高く売れることで、残った債務の回収率も上げられるでしょう。

任意売却は債務を減らせるので、引っ越し費用を確保する手段としても有効です。税金などを清算できる可能性もあり、引っ越し後の新たな生活も始めやすくなりますよ。

債権者にとって手間となる競売手続きをする必要がなく、残りの債務も支払いやすい良好な関係が築けるはずです。競売は精神面での負担も大きいので、出来るなら任意売却を選択するべきでしょう。

住宅ローンの返済が苦しくなったときに、そのまま放置するのは避けて下さい。初めての方なら、対処方法が分からないのも当然の事です。なるべく早く金融機関や債権者と相談の場を持って、任意売却の準備を進めておきましょう。

任意売却は、自宅やマンションなどの不動産を任意に売却することを指し示す言葉です。景況感が改善することで盛んになります。